審査なしのカードローン

審査なしで借入できるカードローンは?

 

カードローンは使いたいが即日融資審査なしで申し込みたいという考える人も多いでしょう。しかし残念ながら、審査なしのカードローンというものは存在しません。

 

もし申し込んだ人に審査なしでお金を貸したら、そのまま踏み倒されてしまう可能性が非常に高く、金融機関としてはまるごと損失になるからです。

 

そもそも審査なしのカードローンは存在しない

カードローンでは申込者に収入があることが前提

基本的にカードローンでは審査なしで借りられることはありません。というのも、返済する元手になるお金を稼いでいない人に対して、収入があるかどうか確認せずにお金を貸してしまったら、そのお金は返ってこないからです。

 

カードローンに申し込みをすると、自分は借りたお金を返すための手段、一般的には給料があると証明しなければなりません。「審査」とはそのための方法です。

 

カードローンの審査では収入が最も重要です。収入はすなわち返済能力です。カードローンは、保証人が不要で担保も必要なく融資されるものです。そのため、借りる本人に収入があることが大前提となります。

 

一部には、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも申し込みできますが、ほとんどの場合で本人に収入がないと借りることができません。収入があるかどうか、それを確かめるのがカードローンの審査です。

 

大手の金融機関の申し込み条件
金融機関 申し込み条件
アイフル 満20歳以上69歳以下で定期的な収入と返済能力のある人
アコム 満20歳以上で安定した収入と返済能力のある人
プロミス 満20歳以上69歳以下で本人に安定した定期収入がある人
SMBCモビット 満20歳以上69歳以下で安定した定期収入がある人
レイクALSA 満20歳以上70歳以下で安定した収入がある人
みずほ銀行 満20歳以上66歳以下で安定かつ継続した収入がある人
三井住友銀行 満20歳以上69歳以下で原則、安定した収入がある人
三菱UFJ銀行 満20歳以上65歳未満で原則安定した収入がある人

 

各金融機関で表現の仕方は異なりますが、カードローンでは本人に収入があることが条件になっています。収入があることを調査し、貸したお金を確実に返済してくれるかどうかを確認するのが「審査」です。だから、カードローンでは必ず審査があります。「審査なし」ということはあり得ません。

 

信用情報を審査する

カードローンでは、信用情報も重視されます。信用情報というのは、日本国内にある信用情報機関が管理している個人の利用履歴のことを指します。金融に関する契約・借入・返済・解約といった個人の履歴はすべて保管されています。

 

金融機関は、新規の申し込みがあった時点でそれを閲覧して良いことになっています。公式サイトからカードローンの申し込みをすると、「下記の内容に同意したうえで」と細かい規約が並んでいる箇所がありますが、ここに「個人信用情報機関に照会すること」と記載されています。

 

同意しないと申し込み手続きは先に進めません。

 

消費者金融業者、銀行、信販会社などの利用によって、管理される信用情報機関は異なっていますが、過去や現在に利用中のローンやカードローン、クレジットカードの返済履歴に問題がなければ良好な履歴として審査で有利になります。

 

逆に、過去にカードローンやクレジットカードの返済でトラブルが生じている場合には、信用情報として傷がついた状態となって審査では不利になります。たとえば長期にわたって延滞しているときや、債務整理を行ったことがあるときには、年収がいくら高くても審査には落とされます。

 

信用情報は「この人はお金を貸しても返してくれる人かどうか」と調べるためのものです。この審査をスルーしてお金を貸してくれる金融機関は存在しません。

 

在籍確認を実施する理由

カードローンの審査では、必ず在籍確認が実施されます。これは申込者が申告した会社・組織・団体に本当に勤務しているかどうか確認する作業です。申込者のなかには架空の勤務先を申告したり、すでに退職した会社の勤務先と偽って申し込みする人もいます。

 

そのため、金融機関は申告された勤務先に虚偽がないかどうかを確認しています。通常は申告した勤務先の電話番号に連絡して、本人を呼び出してもらう形で確認作業としています。

 

この在籍確認は、申込者の「返済能力」を調べるためのものです。カードローンの申し込み条件には安定した収入があることが大前提です。勤務先に連絡してそこに申込者が在籍している実態が把握できれば、そこからの給与が支払われて返済することが証明できます。

 

嘘をついているかどうかも重要ですが、「確かにこの人は働いている」「働いているからお金を貸しても給料から返済してもらえる」と金融機関は判断でき、返済能力があるとみなしてお金を貸すのです。

 

近年では安定した収入があると本人が申告すれば、収入証明書の提出は不要というケースが多くあります。一般的に1社につき50万円以内の限度額設定、または複数社併せて100万円以内になる限度額のときには収入証明書の提示は必要ありません。

 

その代わり、しっかり働いているという実態をつかむことは重要性を増しています。

 

審査なしでお金を借りるリスク

闇金から借りる

審査なしでお金借りる方法として、「闇金業者から借りれば良い」と思う人もいるでしょう。これは非常に危険です。闇金といっても様々な形態がありますが、どれも決して手を出してはいけません。

 

闇金業者が審査なしで融資するのは、貸し倒れしても利益が出るように法外に高い金利を設定して、強引な方法で取り立てるからです。闇金業者を相手に完済するのは不可能で、返済期日に遅れると自宅や職場にまで取り立てが来てしまいます。

 

闇金業者は他の闇金や反社会的勢力とつながりがあり、個人情報が流出してしまうという大きな危険もはらんでいます。

 

闇金業者のなかには「ソフト闇金」という業者もいます。正規の手続きを経て業者として認可されていない業者であるため、違法業者であることには間違いありません。ここも違法な金利で貸付を行っており、また反社会的勢力ともつながりがあることが多いため、絶対に利用しないようにしましょう。

 

近年ではソフト闇金も堂々と営業しており、ネットで検索すると多くの業者がヒットします。「闇金ですがソフトですので安心」などとサイトでうたっています。ソフト闇金も暴利で貸付を行う業者です。

 

契約前には伝えていなかった手数料の支払を請求したり、10万円貸すといっておきながら1万円しか貸さないなどといったことをしたりしています。1回くらいなら大丈夫だろうと高をくくってはいけません。

 

個人間融資も闇金の一種

審査なしで借りられる先として、個人間の融資サイトを利用するという方法もあります。現代はインターネットが発達しており、掲示板やSNSを通じて頻繁に「お金貸します」「困っている人に用立てします」などといった書き込みが多数見受けられるようになりました。しかし、この個人間融資も手を出してはいけません。

 

個人間融資は貸し手となる人が「どんな人にでも即日でお金を振り込みます」などと書き込みをします。それを見ると、審査なしで即日でキャッシングできるかのうように思ってしまいます。落ち着いて考えれば分かることですが、まったく会ったことも話したこともない人に、いきなりお金を貸すというのは変な話のはずです。

 

ところが、人間はお金がないとか、次の返済日が迫っているのに手持ちの現金がないとかいったときに正気を失ってしまい、こうしたやり取りのおかしさに気が付かなくなっています。

 

個人間融資も闇金の一種で、個人情報を聞くだけ聞いておいて、貸し出しはせず、または「先に保証料として1万振り込んでくれたら5万円貸します」などと言って保証料だけかすめ取るということをします。

 

そのうえで個人情報をどこかの闇金や反社会的勢力に売り渡します。

 

こういったリスクはネットでは昔から指摘されていますが、今でも引っかかる人は数多くいます。

 

ショッピング枠の現金化のリスク

クレジットカードのショッピング枠の現金化という方法があり、これを使うと審査なしでお金を手に入れることが可能です。これも、「ショッピング・現金化」で検索すると多くの業者がヒットします。

 

そういったサイトを見てみると、何も問題のない方法であって、誰でも気軽に現金を作れて便利なように思えてしましますが、これもかなり危ないやり方なので注意しましょう。

 

ショッピング枠の現金化は、通常は「業者に指定された商品をカードを使って購入する」「それを業者に引き取ってもらうという形で現金にする」という単純な方法で行われます。

 

一見すると自分が買ったものを自分で売ったわけですから、何もクレームを付ける部分はないように思えますが、実はこれは多くのクレジットカード会社で規約違反とされています。というのも、クレジットカード会社からすると商品の購入では、その代金を利用者の代わりに支払っていて、その返済をしてもらっていないからです。

 

まだ商品は完全に利用者のものになっているわけではなく、まだクレジットカード会社のほうに所有権があります。それを勝手に売却された形になるので、規約上の違反として取り扱われます。

 

もし、クレジットカードで買ったものを即売却したということが発覚したときには、カードの強制解約をさせられて、使ったショッピング枠の一括返済を求められます。強制解約は信用情報機関に5年間登録されて、新たな借入はまったくできなくなります。

 

知人から借りるなら借用書を作ろう

審査なしのカードローンを探すような人がお金を作るには、親や友人などの知人に頼るというケースも多いでしょう。ただ、これはトラブルに発展しやすいという大きなデメリットがあります。これまで築いてきた関係を台無しにしてしまう可能性があり、軽い気持ちでお金を知人から借りてはいけません。

 

もし、親や友人からお金を借りるのであれば、借用証明書を作っておきましょう。相手から信用されますし、自分も絶対に返さなければいけないという気持ちになれます。

 

借用証明書は、わざわざ法律の専門家に頼らなくても作成することができます。貸す人の名前と借りる人の名前を書いておき、いつどれだけの額を借りて金利は何パーセントにするのかを書いておくだけで法的な効力があります。できれば押印もしておきましょう。

 

実際に、居酒屋で友人とのお金の貸し借りをして、箸袋に借用書を書いておいたために後から裁判で有効な書類として認められたという事例もあります。

 

審査なしのカードローンを探している状況別の対策

無職の人

働いて給料をもらっていれば、「審査なしのカードローンってないのかな?」などと悩む必要はありません。会社に勤務している間にカードローンの1つでも申し込んで審査に通っていれば、そのカードは退職・失職しても借入できます。返済さえきちんと毎月行っていれば、よほどのことがない限り強制解約になることもありません。

 

ただ、無職で収入がないことは、カードローンの審査では「無収入で返済能力がゼロである」とみなされて、正規の金融機関の審査に通ることはありません。どんなに小さな業者であっても、正規の業者なら申し込みするだけ無駄になります。

 

休職中も同様の扱いで、仮に手当が出ていても復職しない限り、返済能力なしとみなされてカードローンの審査には通りません。収入がない人がお金を借りようとしても、知人や家族から借りる程度しかないでしょう。

 

ただ、現在はまったく働いていなくても、当日払のアルバイトをするだけでもカードローンの審査に通過できる可能性があります。登録制の日払いバイトは数多く存在します。そういったところに登録して、そこを勤務先としてカードローンの申し込みをします。

 

派遣会社に登録するだけで働き始めていなくても審査に通過できることもあります。

 

また、ハローワークが紹介する職業訓練校に通うと、失業手当の待機期間が免除されて給付を早めることができます。公的な訓練校といっても、お仕着せのものではなく様々なプログラムを受けることができて、実際にそこから多くの人が復職を果たしています。

 

手当の給付だけでなく次の職へのスキルも身につけられるので、近くのハローワークに相談してみましょう。そのときに、自治体の生活費給付を紹介してくれることもあります。

 

信用情報に不安がある人

実際に働いてはいるが、信用情報に傷がある人は新規でカードローンを申し込んでも否決される可能性が高いと言えます。多い事例は長期延滞です。短期の延滞も繰り返しやっているとカードローンの審査には落ちるようになります。

 

こういったときに頼りになるのが「街金」と呼ばれる中小消費者金融業者です。中小の業者は大手の金融機関とは違った基準で審査をするため、通常のカードローンでは審査落ちする人でも借りられることがあります。

 

大手の金融機関のカードローンは申込者が多くいるため、コンピューターを使った診断で返済能力が低いと判断された人を機械的にはじくようにしています。そこに人間的な判断は加わりません。いちいち担当者がチェックしていると、申し込みが混み合ったときに審査をこなせなくなるからです。

 

大手の審査では信用情報に傷のある人を、機械的な仮審査の段階で容赦なく落とします。そこに人間性は介在しません。

 

一方、街金は最初から担当者自身が審査を行います。信用情報機関に照会はしますが、それだけで審査に落とすということはしません。街金に来るのは大手の審査には通過できない人たちです。

 

そのため、柔軟な審査をする傾向があります。その人の信用情報だけでなく、返済する意志がきちんとあることや、今の収入の状況なら返済できると証明できれば審査に通過できる可能性があります。来店のうえで面談による審査をしている業者は数多くあります。良く調べて近くの街金に行ってみましょう。

 

ブラックリスト入りしている人

すでにブラックリストに入っているという人は、どの業者であってもカードローンの審査には通ることはありません。中小であっても難しいでしょう。

 

このブラックリストとは、信用情報機関にネガティブな情報が登録されることです。これは永久に登録されたままではありません。一定の期間経過するとリストから抹消されます。おおよそ5年程度ですが、内容によって若干の違いがあります。

 

以下のように保持期間が決まっています。
事故情報 内容 保持期間
長期延滞 61日または3ヶ月以上の滞納 JICC:1年間

 

CIC、JBA:5年間

任意整理 債権者と交渉して利息支払を減額 5年間
個人再生 債務を5分の1に圧縮 5年間
自己破産 すべての債務をゼロにする JICC、CIC:5年間

 

JBA:10年間

強制解約 契約を一方的に解約される 5年間
代位弁済 債務者に代わって保証会社が返済 5年間

 

ブラックリストに入っている人は、こういった保持期間が過ぎるのを待つしかありませんが、中小の業者のなかには保持期間中でも貸してくれることがあります。

 

たとえば、任意整理では利息支払をカットして残債分だけを返済しますが、返済期間は3年です。3年でとりあえずの借金はすべて返済したという扱いになります。保持期間は残り2年ありますが、もう他社に返済する義務はないため、一部の中小の業者では新規で契約してくれることがあります。

 

返済能力に問題がないことや、その他にも条件が付きますがまったく不可能というわけではありません。ただ、あくまで業者の温情ですので、あまり過大な期待はしないようにしましょう。

 

審査なしでお金を作る方法

質屋を利用する

質屋でお金を作る方法として、

  1. 「質入れ」
  2. 「買取」

があります。

 

質入れとは、品物を預けてそれを担保として融資を受けることです。手数料を支払えばその品物は保管してもらえます。

 

借りたお金を返済できれば品物は手元に返ってきますが、何もしなければ「質流れ」という状態になります。質流れしてしまっても、信用情報には何の傷もつきません。品物を失うだけです。審査もありません。

 

年齢と住所、氏名を確認するための身分証明書は必要ですが、それ以外に審査らしいものを行うことはありません。

 

買取は質入れではなく、品物を売却することを指します。質入れするよりも高額のお金になることのほうが多いでしょう。不要なものが身の回りにあったら、それを売却することで審査なしで現金を手にできます。

 

質入れ・買取してもらえる品物として真っ先に挙げられるのはブランド品です。使わないブランド品は質屋に持っていきましょう。売却に関しては、意外なものがお金になります。アニメグッズや古い酒瓶、ウィスキーやブランデーのボトルなどを売ることが可能です。

 

フリマアプリやリサイクルショップを使う

質屋と似ていますが、フリマアプリやリサイクルショップを使うと、私物をお金に替えることができます。着ていない服、履いていない靴、装飾品、家電や家具、本・CD・DVDなど多くの品物をフリマアプリで売ることが可能です。

 

高く売れるものは、シリーズもので全巻揃っている漫画です。第1巻から最終巻まで揃っていると、1冊ずつ売った総額よりも高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。初回特典などが付いていたら、それも併せてフリマに出してみましょう。

 

また、昔のゲームソフトはマニア向けに高く売れることがあります。実家に眠っているゲームソフトで、マニアに価値を見いだされているものがあったら、即売却しましょう。アニメグッズは高額買取が期待できるもののひとつです。

 

マニア好みのもの、限定品などがいいでしょう。秋葉原に行って掘り出し物を見つけて、買った値段よりも高くフリマやオークションサイトで売ることも可能です。金欠から始まって、こういった転売で稼ぐようになったという人はたくさんいます。

 

バンドルカードを利用する

バンドルカードというプリペイドカードがあります。SuicaやPasmoのように、前もってお金をチャージしておいて、それを使って買い物ができるようにしたものです。プリペイドカードですので審査はありません。

 

バンドルカードの大きな特徴して、事前に登録してチャージしておくとVISAカードとして使うことができるという点があります。実際のクレジットカードを使うような感覚で買い物ができます。

 

このカードのポイントは「プリペイドカード」なのに後払いが可能という点です。買い物をした後からチャージ金額と手数料を合わせたお金を支払うことができます。チャージの上限は2万円です。

 

バンドルカードを使って、いったん品物を購入し、それをすぐに売却すると審査なしで現金を手にすることが可能です。まったくお金がないときに、この方法でとりあえず急場をしのぐことはできます。

 

後払いのチャージを「ポチッとチャージ」といい、チャージする金額によって一定の手数料を支払うことになっています。チャージすると、手数料を差し引かれた金額が使えるようになります。

 

チャージ金額 手数料
3000円~1万円 500円
1万1000円~2万円 800円
2万1000円~3万円 1150円
3万1000円~4万円 1500円
4万1000円~5万円 1800円

 

支払期限は翌月の末日です。それまでにお金を別に作って支払う必要があります。

 

まとめ

審査なしでカードローンを作ることは不可能です。金融機関からすると、何らかの収入を得ていない人にお金は貸せません。やり方次第では、少額ですがお金を作ることは審査なしでも可能です。